HOME > イベント > 2017-01-14 (土) ~ 2017-03-12 (日) 大地の芸術祭の里 越後妻有2017冬

2017-01-14 (土) ~ 2017-03-12 (日)
大地の芸術祭の里 越後妻有2017冬  終了しました。

新潟県


今年も雪を楽しむ特別プログラム「越後妻有 2017 冬」を開催します。豪雪と向き合ってきたこの土地で、新しい視点から 雪の魅力を感じてください。
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]での冬の企画展や、LEDの灯りと花火で雪原を彩る「越後妻有 雪花火」、まつだい農舞台での「SNOWART TRAIL」など、圧倒的な雪に囲まれた越後妻有地域ならではの世界をお楽しみいただけるプログラムです。

◆越後妻有里山現代美術館[キナーレ]冬の企画展「雪あそび博覧会」
雪景色に光のしぶきが飛び散る色鮮やかなアート、雪上を滑って楽しむ「雪板」、スケートであそぼう!
2017年1月14日(土曜日)~3月12日(日曜日)

◆まつだい農舞台冬の企画展「北の地平線」国松希根太
北海道を拠点に活動する国松希根太による展覧会。 北の大地で制作された作品が、雪深い冬の越後妻有ではどのような風景に見えてくるのか、是非その目で確かめていただきたい。
2017年1月14日(土曜日)~3月12日(日曜日)

◆あてま高原リゾート・ベルナティオ「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village 2017 」
越後妻有の長い冬の終わりを告げる雪花火が、今年も真っ白な雪国の夜空を彩ります。 第4回を迎える今回は、光の花畑の舞台を広大な自然が広がるあてま高原へと移し、3尺玉が雪上に花咲きます
2017年3月4日(土曜日)

◆越後妻有の豪雪とアートを体感!「SNOWART TRAIL」
大地の芸術祭の魅力は、歩いて巡ってアートを楽しむこと。豪雪の中でもそのスタイルは変わりません。まつだい「農舞台」では、雪道トレッキングでアートを巡るガイド付きツアーを行います。雪の中で対面する作品たちは、この冬のために構想された新作ばかり。感動の体験がみなさんをお待ちしています。作品はこのトレッキングツアーでしか鑑賞できません。
2017年2月25日(土曜日)~3月12日(日曜日)

◆「森の学校」キョロロ 企画展「里山のお米展―にぎやかな田んぼのめぐみ―」
里山のお米づくりがもたらす多様な環境や生物の多様性、そして恩恵をわかりやすく紹介します。キノコ探しなどイベントも目白押し。
開催中~2017年6月25日(日曜日)

◆ツアー
「大地の芸術祭」の里は、豪雪のシーズンもアートでいっぱい!アートが散りばめられたスケートリンクやアートスノートレッキングなど、他のスノーリゾートでは味わえない、とことん楽しいプログラムが満載です。毎年大好評の「雪見御膳や」雪国体験も、ツアー限定で開催が決定!宿は日本三大薬湯の松之山温泉。越後妻有の冬を贅沢に楽しむツアーです。
●「SNOWARTと越冬のごちそう「雪見御膳」ツアー」
2017年2月25日(土曜日)~26日(日曜日)、3月11日(土曜日)~12日(土曜日)
●SNOWART・雪花火と越冬のごちそう「雪見御膳」ツアー
2017年3月4日(土曜日)~5日(日曜日)

◆「大地の芸術祭」の里 越後妻有 2016秋 共通チケット
料金:大人2,000円、小中学生1,000円
有効期限:2017年1月14日(土曜日)~3月12日(日曜日)
販売開始:12月下旬~3月12日(日曜日)
販売場所:越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」、越後妻有オンラインショップほか

※イベント詳細や公開作品は、下記関連リンクより公式ホームページをご確認ください。

イベント

開催日 / 2017-01-14 (土) ~ 2017-03-12 (日)
場所 / 越後妻有地域(760キロメートル)
交通 / 車:関越自動車道「石打IC」より国道353号へ
公共機関:上越新幹線「越後湯沢駅」よりほくほく線へ

お問合せ / 十日町市観光交流課芸術祭企画係
TEL 025-757-2637
ホームページ / http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=3474